イメージ:スパ

SPAWellness Approach

からだ、こころ、蘇れ。

現代人の体調不良の原因とも言われる、
免疫力の低下・体内のミネラル成分の過不足・体内に滞る
有害成分・体内組織の新陳代謝の低下やストレス等々・・・。
現代人が抱える「病気とは言えないが体調がイマイチ良くない」身体と心を整え、
皆様が健康で美しい生活を楽しめるようサポートすることを目的とした施設が、
ホテルアジール東京蒲田2Fの施設「SPA ASYL」です。

天然温泉のミネラルが、天然石の遠赤外線が、からだを強くする。キレイにする。

SPA ASYLの天然温泉ミネラルミスト浴は、ホテルオリジナルのフレームワーク【3R Wellness Approach】に基づき、天然温泉をもとにしたミネラルミストを全身で体感いただくことで、身体と心にReset-Relax-Refreshをはたらきかけるよう設計されたウェルネスプログラムです。
ミスト化した天然温泉を全身で浴びることで、体内に溜まった有害物質を排出するとともにミネラル成分の吸収を促し、現代人が不足しがちな体内のミネラルをバランス良く効率的に整えられることが期待できます。
また、浴室温を副交感神経が刺激されやすい40℃前後(体温+4℃前後)に維持・管理し、床に敷設し加温した天然石から発する遠赤外線との相乗効果により、イライラを鎮め心身のリラクゼーションを促すとともに、身体を内部から温め活性化させることで、免疫力を上げる効果が期待できます。
浴室内は天然石の種類や・温度との組み合わせによるゾーニングを行うことで、体調やお好みによりお選びいただけるよう工夫されています。

3R Wellness Approach

イメージ:3R Wellness Approach

イメージ:富山直送の源泉

HOT SPRINGS

富山直送の源泉

天然のミネラル成分を豊富に、かつ、バランス良く含んだ、富山の秘湯・「庄川温泉郷」。SPA ASYLでは、理想的なミネラルバランスを持つ温泉水を求めて、知る人ぞ知る名湯「庄川温泉郷」にたどり着きました。
SPA ASYLは日本の名だたる温泉にも勝るとも劣らないミネラルバランスを持つ「庄川温泉郷」の協力により、老舗温泉旅館「鳥越の宿・三楽園」から湧き出る源泉を富山より直送し、ミネラルミスト化しています。

「鳥越の湯」とは

その昔、山中から湧き出るお湯に、越中と飛騨の国境の山々を飛び交う鳥たちがその翼を休め、傷ついた体を癒して飛び立っていったと伝えられています。鉄イオンと炭酸ガスが多く含まれ、塩分含量も多く、更に炭酸水素イオンも含まれた日本国内でも大変めずらしい温泉水です。カルシウムやマグネシウム含量も多いため、体が温まり、多くの疾病にも効果が期待できます。

鳥越の湯

鳥越の湯

SPA ASYLスパ アジール

SPA ASYLでは床に敷く岩盤を、その性質により富士山溶岩石、貴宝石、麦飯石の3種類に温度も分けて配置しています。単体でも岩盤浴として機能する遠赤外線とマイナスイオンに温泉ミストをかけ合わせた、それぞれの効果をお楽しみください。

イメージ:ベンチエリア

イメージ:ベンチエリア

ベンチエリア

全身に天然温泉ミストを浴びながら、 腰と脚を中心に岩盤で温められるよう設計されています。
腰と脚を中心に内部から温め、身体の働きを活性化させる効果が期待できます。

イメージ:床寝エリア

イメージ:床寝エリア

床寝エリア

全身に天然温泉ミストを浴びながら、腹部や背中を中心に岩盤で温められるよう設計されています。
身体を内部から温め、身体の働きを活性化させる効果が期待できます。

イメージ:男女一緒に、無理なく体感

イメージ:男女一緒に、無理なく体感

男女一緒に、無理なく体感

遠赤外線の効果と輻射熱を利用することで、温浴室全体をやんわりと温められた温浴室内は、一般的な高温サウナと異なり室温40度前後と低温のため、高温サウナが苦手な方でも無理なく体感できるつくりとなっています。
また、湯用着を着衣して浴するスタイルなため、カップルやご家族でのご利用も可能で、お好きな人と一緒にお楽しみいただけます。

イメージ:男女一緒に、無理なく体感

イメージ:男女一緒に、無理なく体感

SOUNDSヒーリングサウンド

浴室および休憩室に流れるBGMには、航空会社の機内ヒーリングチャンネル、大手企業の働き方改革、メンタルヘルスケア等でも採用さいれてる、心と身体に優しい音楽を数多く手掛けるヒーリングレーベルの老舗「株式会社デラ」とのアライアンスにより、身体だけでなく心まで開放されるヒーリングサウンドをご提供いたします。

イメージ:Mental(心)Physical(身体)Music(音楽)の3要素の融合

「株式会社デラ」は“Mental(心)Physical(身体)Music(音楽)の3要素の融合をテーマに、目的にふさわしい音楽・サウンドを効果的に使用し、心理的、医療的観点からの研究データや検証を取り入れた音楽制作を行っています。

ホテルアジール東京蒲田とデラが共同選出した専用プレイリストは、“免疫力活性のための音楽”“イライラ解消のための音楽”からホテルアジール東京蒲田の目指すウエルネスをテーマに構成したもので、ASYLE SPAの温浴室及び休憩室でBGMとしてお聞きいただけます。

イメージ:ヒーリングサウンド

免疫力活性のための音楽

免疫学の権威、新潟大学名誉教授・医学博士 安保徹先生監修のもと、免疫力を活性させるために必要な要素を盛り込み、自然治癒力を高めるために企画・制作されたものです。

イライラ解消のための音楽

横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長で、臨床心理士の 山本晴美先生が監修され、心身のリラクゼーションを促し、イライラを鎮め、毎日を穏やかに過ごすサポート効果が期待できます。

早坂先生より
SPA ASYLミスト浴のポイント

もともと温泉の活用には、様々な方法があり、温泉を医療として用いている欧州では温泉のミストを利用することはメジャーな方法です。微粒子となった温泉水で充満された浴室に滞在することで気道や全身に温泉を作用させます。このSPA ASYLでミストとして用いている温泉は富山県庄川温泉郷より直送される「カルシウム・マグネシウム・ナトリウム一酸化炭素・塩化物泉」であり、気道の調子を整え軽い喘息や肺気腫に適応がある他、皮膚乾燥症、ストレスによる諸症状などにも適応があります。
 また、併せてほどよく加温された岩盤の上にゆっくり横になることで、温熱効果として血流の改善効果も得ることが期待できます。浴室内が高温すぎると交感神経を刺激し、疲れが取れずリラックスできないためSPA ASYLでは心身への効果を考え、一般のドライサウナやミストサウナより低温に設定しております。
額に汗が出れば十分体温が上がっているサインですので、掛タオルで好みの温度に調整してください。温泉ミストに包まれて体に優しい温浴法でじっくり心と体を癒やしてください。

イメージ:監修:医師 早坂信哉 先生

監修:医師 早坂信哉 先生
東京都立大学人間科学部教授・温泉療法専門医・博士(医師)
自治医科大学医学部卒業、同大学大学院修了。生活習慣としての入浴を医学的に研究する第一人者。ユニークな研究が注目を集め。メディア出演や活動も多数。著書に「最高の入浴法」(大和書房)など。

courseコース・料金・時間

Coming soon!Coming soon!

Equipment
& Amenities
シャワールーム備品・アメニティ

  • 設備

    シャワールーム、シャワートイレ、ドライヤー、ヘアーアイロン(女性シャワールームのみ)

  • アメニティ

    シャンプー、トリートメント、ボディシャンプー、ハンドソープ、綿棒、ブラシ

ホテルアジール東京蒲田では、次の項目を実施し、SDGsで掲げる持続可能な社会の実現に向けて、可能なものから随時取り組んでいます。
  • 消耗品は必要十分なものだけに絞り込み、歯ブラシやクシ、コットンなど使用頻度の高い消耗品は、再生可能な植物由来の原料を使用したバイオマスフィルムのパッケージ製品(BFP)を採用しています。BFPの採用により、化石燃料の使用を抑制し、地球温暖化の原因となるCO2の排出削減に努めています。

    CO2の排出削減 CO2の排出削減

  • バスアメニティ(シャンプーやトリートメントなど)は基本的に詰め替え式のボトルタイプを採用しています。ボトルタイプの採用により、不要なゴミ(特に石油製品)の発生を削減・化石燃料の使用を抑制し、温室効果ガスの排出削減に努めています。

    バスアメニティ

  • 宿泊約款やPOP・メモなどについて、可能な限りタブレットなどで電子化し、バスルームでは一部の客室を除きバスタブを設置せずシャワーのみの構成としています。紙類使用を削減しシャワー設備を基本とすることで、製紙のために伐採する木材や、世界的に問題となっている水資源不足の抑制に努力しています。

    シャワールーム

  • 一部を除き、館内で使用する照明についてはLEDを採用しております。また、空調設備には全熱交換を導入することで使用するエネルギーの消費を抑制し、地球環境の保全に積極的に取り組んでいます。

    照明についてはLEDを採用

  • 地方の観光地との連携や観光素材の積極的な採用、地域産業や地元店舗との積極的な連携を図っています。地方や地元と積極的にリレーションシップを図ることで、一地域に囚われることのない、持続的な産業の発展と継続可能な社会をめざしています。

    地方や地元と積極的にリレーションシップ

MENU

Tel.03-6822-4546

CLOSE